日帰り手術について

日帰り手術について

大腸のポリープは、そのままにしておくと、だんだんと大きくなり、やがては大腸がんになる可能性もあります。このようなポリープは、できるだけ早く治療することで、大腸がんを予防することができます。
当院の下部内視鏡検査で炎症性や腺腫性のポリープが見つかった場合、小さなものであれば、その場で治療をすることができます。切除の痛みはほとんどありません。

手術の流れ

1下部内視鏡検査を受けていただきます。

2カメラで、大腸の様子や、ポリープの有無や状態を詳しく観察します。

3切除できる小さなポリープであれば「ポリペクトミー」という方法で治療をします。まず、内視鏡の先端から「スネア」という輪状のワイヤーをだします。これをポリープにひっかけて、ワイヤーの輪を狭めながら電流を流し、ポリープを焼いて切り取ります。

4手術にかかる時間は、患者さまにより異なりますが、10分から30分くらいです。

手術時の料金

大腸のポリープ切除はすべて保険適用で処置いたします。
費用は、3割負担の方で、およそ2万円~3万円を目安にお考えください。
※ポリープの数が増えると料金も変わります。

内視鏡ブログ 成毛医院
当院が紹介されました!
TEL:047-358-2001 診療時間 9:00-12:00 15:00-18:00